ホームページ制作

ホームページ制作をお考えの方へ

ホームページ制作をお考えの方へ

ホームページ制作をお考えの方へ

おすすめのホームページ制作をご提案します【2021年度版】

ホームページを作ろうかなと思っている または 既にホームページを持っていて作り直そうと考えている…そんな方に、今 どんなホームページを作れば良いか をご提案いたします。

単なるパンフレットから集客ツールへ

従来のホームページは、ご自身のビジネスを案内するためのパンフレットの役割が強かったと思います。その役割は現在でももちろん同じですが、最新のウェブ業界の動向としては、ホームページを集客ツールとしても活用するという傾向が顕著になってきています。

Google SEO対策の変化

SEO対策とは、Search Engine Optimization … つまり検索エンジン最適化のことです。ホームページを検索エンジンで上位表示させるための技術・施策のことです。

Google 初期の頃は、SEO対策と言えば、ホームページの構造やキーワードの数、外部サイトからのリンク数など 論理的な指標によって検索順位が決められていた時代もありました。ところが最新のSEO対策は、Google検索エンジンの進化に伴い、検索ユーザーや検索キーワードにとって最も適したコンテンツが検索結果として上位表示されるという 本来検索エンジンに求められる形が現実化され、コンテンツ側もそれに沿った読みやすく良質なものを用意しようという流れに変わってきております。
つまり、どんなジャンルであれ 良質なコンテンツを用意しているウェブサイトが Google 検索結果の上位に表示され、逆にユーザーが検索されたコンテンツを読み進んでみると そのページは 実は とある会社のホームページだった…と言う自然な流れの集客形態に発展し、その結果 企業自身もメディアを所持すると言う「オウンドメディア」の流れも形成されつつあります。

つまり Google としては、特定の単語を検索されたときに Google 自体が良質で読みやすい(Wikipedia 改良版のような)百科事典であることを目標としていることが予測されます。

Google 百科事典はまだ完成されていない

これだけ多くの企業が毎日ウェブメディアやブログを更新しているのだから Google の百科事典としての役割はもう完成されているであろうとお思いかもしれませんが、確かにビッグキーワード単独の検索結果ではそれなりのコンテンツが表示されるかもしれません。ところが、キーワードを2~3個 組み合わせて検索した場合、または、マニアックなキーワードで検索した場合、あなたが期待した良質で読みやすいコンテンツが検索結果として返ってくるでしょうか?

むしろ Google 検索をしてみると「思った通りのコンテンツが得られなかった…」と思った事はないでしょうか?

私個人としてはそういったことは日常的にありますし、Google の検索エンジンがまだ完璧な百科事典として完成していないと感じています。それどころか、日々更新される最新の技術や政治・経済の状況、昨今のリモート化に伴う日常生活のあり方など、Google 百科事典を改良・更新すべきコンテンツは、日々発生しているのが現状であると考えています。

そんな中にあって、この記事を読んでいるあなたの個人的な学びや、仕事上での経験、専門的な知識やノウハウ、独自の考え方などは ご自身のホームページ上のコンテンツとして整理・投稿され、Google 検索を通して外部から読みやすい形に保存・公開されているでしょうか?もしそういったホームページをお持ちでしたら デザイン面のみを定期的にリニューアルするだけで充分だと思いますし、もしそういったホームページをお持ちでないとしたら、ブログを投稿できるホームページを制作されることをおすすめいたします。

大手ブログサイトでブログを書いている場合

大手ブログサイトでブログを書いている場合、そのブログサイトにすでにフォロワーが多くついている場合には、無理にブログをホームページに引っ越しする必要はないと思います。デザインのリニューアルのみで大丈夫だと思いますのでこちらをご覧ください。
引っ越しをしても大きな影響がない程度でしたら、ホームページを制作する際にブログも引っ越してしまうと良いかもしれません。

ブログ投稿機能付きホームページ

ブログ投稿機能のついたホームページとしては、世界的に WordPress が有名で 個人的にもおすすめです。
ワードプレスは高機能なブログ投稿機能をベースに、世界中の企業で開発されたデザインテーマを追加することのできるホームページ制作ツールです。
インターネット上にコンテンツを投稿して生計を立てているブロガーやアフィリエイトなどが最も使用しているブログツールでもあります。

デザインやUIが複雑なホームページはワードプレスはNG

ワードプレスには様々なテーマやプラグインが用意されてますのでほとんどのホームページはお手持ちのホームページとほぼ同等のデザインをすることができると思いますが、そうは言ってもブログ投稿っちに重点を置いてますので複雑なデザインのホームページを構成するのが難しい場合もあります。そういった場合にはデザインのリニューアルをお勧めしますのでこちらをご覧ください。

最新のPHPをインストールできないサーバーではワードプレスはNG

ワードプレスはPHPと言うプログラム言語で動作しますが最新のPHPをインストール更新等保守管理できない場合にはセキュリティーの都合上おすすめできません。

ホームページ制作をお考えの方へ

おすすめのホームページ制作をご提案します【2021年度版】

ホームページを作ろうかなと思っている または 既にホームページを持っていて作り直そうと考えている…そんな方に、今 どんなホームページを作れば良いか をご提案いたします。

単なるパンフレットから集客ツールへ

従来のホームページは、ご自身のビジネスを案内するためのパンフレットの役割が強かったと思います。その役割は現在でももちろん同じですが、最新のウェブ業界の動向としては、ホームページを集客ツールとしても活用するという傾向が顕著になってきています。

Google SEO対策の変化

SEO対策とは、Search Engine Optimization … つまり検索エンジン最適化のことです。ホームページを検索エンジンで上位表示させるための技術・施策のことです。

Google 初期の頃は、SEO対策と言えば、ホームページの構造やキーワードの数、外部サイトからのリンク数など 論理的な指標によって検索順位が決められていた時代もありました。ところが最新のSEO対策は、Google検索エンジンの進化に伴い、検索ユーザーや検索キーワードにとって最も適したコンテンツが検索結果として上位表示されるという 本来検索エンジンに求められる形が現実化され、コンテンツ側もそれに沿った読みやすく良質なものを用意しようという流れに変わってきております。
つまり、どんなジャンルであれ 良質なコンテンツを用意しているウェブサイトが Google 検索結果の上位に表示され、逆にユーザーが検索されたコンテンツを読み進んでみると そのページは 実は とある会社のホームページだった…と言う自然な流れの集客形態に発展し、その結果 企業自身もメディアを所持すると言う「オウンドメディア」の流れも形成されつつあります。

つまり Google としては、特定の単語を検索されたときに Google 自体が良質で読みやすい(Wikipedia 改良版のような)百科事典であることを目標としていることが予測されます。

Google 百科事典はまだ完成されていない

これだけ多くの企業が毎日ウェブメディアやブログを更新しているのだから Google の百科事典としての役割はもう完成されているであろうとお思いかもしれませんが、確かにビッグキーワード単独の検索結果ではそれなりのコンテンツが表示されるかもしれません。ところが、キーワードを2~3個 組み合わせて検索した場合、または、マニアックなキーワードで検索した場合、あなたが期待した良質で読みやすいコンテンツが検索結果として返ってくるでしょうか?

むしろ Google 検索をしてみると「思った通りのコンテンツが得られなかった…」と思った事はないでしょうか?

私個人としてはそういったことは日常的にありますし、Google の検索エンジンがまだ完璧な百科事典として完成していないと感じています。それどころか、日々更新される最新の技術や政治・経済の状況、昨今のリモート化に伴う日常生活のあり方など、Google 百科事典を改良・更新すべきコンテンツは、日々発生しているのが現状であると考えています。

そんな中にあって、この記事を読んでいるあなたの個人的な学びや、仕事上での経験、専門的な知識やノウハウ、独自の考え方などは ご自身のホームページ上のコンテンツとして整理・投稿され、Google 検索を通して外部から読みやすい形に保存・公開されているでしょうか?もしそういったホームページをお持ちでしたら デザイン面のみを定期的にリニューアルするだけで充分だと思いますし、もしそういったホームページをお持ちでないとしたら、ブログを投稿できるホームページを制作されることをおすすめいたします。

大手ブログサイトでブログを書いている場合

大手ブログサイトでブログを書いている場合、そのブログサイトにすでにフォロワーが多くついている場合には、無理にブログをホームページに引っ越しする必要はないと思います。デザインのリニューアルのみで大丈夫だと思いますのでこちらをご覧ください。
引っ越しをしても大きな影響がない程度でしたら、ホームページを制作する際にブログも引っ越してしまうと良いかもしれません。

ブログ投稿機能付きホームページ

ブログ投稿機能のついたホームページとしては、世界的に WordPress が有名で 個人的にもおすすめです。
ワードプレスは高機能なブログ投稿機能をベースに、世界中の企業で開発されたデザインテーマを追加することのできるホームページ制作ツールです。
インターネット上にコンテンツを投稿して生計を立てているブロガーやアフィリエイトなどが最も使用しているブログツールでもあります。

デザインやUIが複雑なホームページはワードプレスはNG

ワードプレスには様々なテーマやプラグインが用意されてますのでほとんどのホームページはお手持ちのホームページとほぼ同等のデザインをすることができると思いますが、そうは言ってもブログ投稿っちに重点を置いてますので複雑なデザインのホームページを構成するのが難しい場合もあります。そういった場合にはデザインのリニューアルをお勧めしますのでこちらをご覧ください。

最新のPHPをインストールできないサーバーではワードプレスはNG

ワードプレスはPHPと言うプログラム言語で動作しますが最新のPHPをインストール更新等保守管理できない場合にはセキュリティーの都合上おすすめできません。